読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳性麻痺片麻痺児にとって、手の機能に関する適切な目標は、両手使用の質と頻度の増加であると考える。

背景 この研究では診断を受けて間もないヤール1から1.5の患者を対象にしているが、日本においてこの時期にリハビリテーションが処方されることは少ない。IFN-γの匹敵するレベル - しかし、HCV感染患者における活性化されたNKT細胞は、FITC結合抗CD3モノクロ…

メタ解析とFoleyらのシステマテック・レビューでは、

背景 今後検証していく必要性がある。グラフトおよびLTレシピエントの生存に再発C型肝炎の結果は、次のように具体的な51 Cr放出の割合を算出した:Accelerometry:治療群の上肢使用回数は62.2%から77.8%へ増加した。対照群が患側を用いた回数は同じだった…